TOP > ARCHIVE - 2013年03月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告



この度、会社のレクリエーション行事の一つとして2泊3日の沖縄への慰安旅行を決行いたしました。
旅行に要する費用は一名あたり約10万円でその全額を会社が負担しており、参加者の内訳は以下のとおりです。

当社従業員 11名
関係会社従業員 5名 計16名

なお、当社の従業員数は約300名ですが、その大半は他社への派遣社員であります。
派遣社員につきましては、入退社の動きが多く、また勤務形態も派遣
業種により様々となるため、参加募集は管理・営業部門の社員のみが対象となっておりますが、今回参加の11名は管理・営業部門の社員数の
過半数を超えております。
なお、不参加者に対しての参加に代えての金銭の支給は行っておりません。

このような場合において、今回支出した当社従業員分の旅行費用は給与としての課税を受けることになりますでしょうか。


続きを読む
スポンサーサイト

| 弊所無料相談実例

«  | ホーム |  »

MENU

プロフィール

税理士 乾 文彦

Author:税理士 乾 文彦
代表税理士の乾文彦と申します。
納税者様の利益のため精一杯働かせていただきます。
報酬料金も最安値を目指しております。
お問い合わせは無料ですご連絡を心よりお待ち申し上げます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。